自転車ダイエットの効果 バビルの日記

自転車ダイエットの効果

体重を落とすためには、自転車でどの程度運動すべきなのでしょうか。平坦な道を一般的な自転車を用いて走った場合、平均時速15qで1時間走ると180kcalのエネルギーを消費します。実際は傾斜がありますから、1時間で消費するエネルギー量は180kcalより多くなるでしょう。走行スピードをアップすることで消費するエネルギー量を増やせ、例えば1時間で20qを走行したならば使用するカロリー量は約300kcalです。これが、時速30kmまでスピードを増した場合は消費カロリーは約800kalにまで増えます。実際のところ自転車で時速30kmは難しいですが、時速20kmで1時間くらいなら可能ですよ。辛い運動をすることがこのダイエット運動の目的ではありません。慣れてきたら少しずつ運動量を増やすとしても、走行距離や時間を自分のやりやすいように調整し、続けられるようなプランにしましょう。自転車に乗り続けることで、持久力もアップしますから、無理なく長く続けられるダイエット方法なのです。体内のエネルギー消費量を増やし、新陳代謝高い体作りをする以外にも、自転車ダイエットにはいいところがたくさんあります。二の腕のたるみは自転車のハンドルを握って上半身を維持することで筋肉がつきますし、太ももの運動にもなるので足が締まります。また、ぼてっと膨らんだ腹部も、自転車ダイエットによる運動で解消できます。これはこぐ時の姿勢によるものです。また、自転車ダイエットでは太ももに筋肉がつきすぎプロポーションが崩れるという説もありますが、ダイエットや健康のための運動程度ならそんなことはありません。自転車によるダイエットを毎日続けることによって、足全体が引き締まり脚線美が手に入ります。人によっては、脂肪が燃焼する際に太ったような気によるようですが、それは一過性のものです。毎日自転車をこぎつつけることで、確実にスリムアップすることができます。