クリニックでの目の下のたるみ取り バビルの日記

クリニックでの目の下のたるみ取り

美容クリニックなどで手術を受けて、目の下のたるみをなくす方法があります。目の下のたるみをどうしても取り除きたいという人におすすめです。目の下のたるみを取る方法はその内容を確かめて自分に合ったものを選ぶことが大切です。方法はいくつかあってクリニックごとに差が大きいものだからです。たるみ部分の脂肪を除去するために皮膚を切開する方法があります。これは目の下のたるみが皮膚のたるみではなく脂肪によるものである場合に用いられます。この手術で切開する部位はまつげの生え際や目の裏の結膜部分などです。目じりや目頭など傷跡のわかりにくい部分から脂肪の位置によっては切開することもあるかもしれません。脂肪除去と同時に目の下のたるんだ皮膚を切開する方法もあります。数ミリまつげの生え際を切開し、目の下の脂肪と下まぶたの皮膚を一部取り除きます。上まぶたより下まぶたは重力の影響を受けやすい部位です。ですからまぶたがダラッと垂れ下がらないよう筋肉を一部固定するなどの施術をしていきます。これら2つの目の下のたるみを取る方法はいずれも、目の下の脂肪を除去してたるみを取る方法です。この2つの方法の場合は、症状や状態によっては脂肪を除去すると目の下全体がへこむので、逆に老けた印象を与えてしまうこともあるでしょう。そのような場合に適しているのがハムラ法で、目の下の脂肪のたるみ部分からへこんでいる部分に移動させる方法です。移動した目の周りの脂肪組織は、糸で縫いつけて固定していきます。これがハムラ法という目の下のたるみを取る方法です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。