ボトックス小顔治療のメリットとデメリット バビルの日記

ボトックス小顔治療のメリットとデメリット

小顔治療のためのボトックスのメリットにはどんなものがあるのでしょうか。しわ治療の中でもメスを使用した小顔治療は、ボトックスによる小顔治療の前によく行われていた方法です。外科手術による小顔治療が主流で、耳の後ろ辺りの皮膚を切除し、顔の皮膚を後ろに引っ張って縫い合わせるという方法でした。このボトックス小顔治療ができるようになって、メスを使わずに注射だけで治療できるようになったのです。今までよりも患者さんの心身の負担が減ったといえます。さらにもしボトックス小顔治療の術後結果が気に入らなくても、数ヶ月我慢すれば元に戻るでしょう。ボトックス小顔治療の効果は数ヶ月で消えてしまいまうからです。ボトックス小顔治療にはどのようなデメリットがあるといえるでしょうか。定期的にボトックスを打たなければ、ボトックスの小顔効果を維持することはできません。ボトックスの働きは、筋肉を動かす為の神経伝達物質アセチルコリンの放出を止めるものです。それにより表情じわの表情筋が動きにくくなりリラックスさせるのです。3ヶ月位経つと神経から新しい運動神経の側副枝が伸びる為、ボトックス注射を1度したとしても新しくアセチルコリンの放出がおこってきます。ですから年に2〜6回程度手術を受ける事が必要となるのが、ボトックス小顔治療の大きなデメリットといえます。ボトックス注射を受けるときは、経験が豊富なドクターを慎重に選ぶようにしましょう。ボトックスの注入量が多過ぎると、表情筋の動きを抑制し過ぎてしまい、表情が乏しくなって、能面のような表情になってしまうからです。それだけではなく、ボトックス小顔治療の際は事前によく相談することが重要です。免疫系の過剰反応を引き起こす事もあるからです。